アーカイブ:2018年

  1. エリア別甲状腺がん発症率

    震災時18 歳以下の福島県の小児甲状腺がん+がん疑い エリア別発症率(人口10万人あたり) 原発事故による放射能汚染数値が最も高い避難区域の甲状腺がん発症率が最も高く、汚染数値が最も低い会津地方の甲状腺がん発症率が最も低い。 避難…

  2. 福島の甲状腺がん解明へ 新潟県「健康分科会」木村真三委員

    新潟県は2月5日、東京電力柏崎刈羽原発の再稼動を巡り、福島第一原発事故による健康影響を検証する「健康分科会」の第2回会合を開いた。福島県が行っている「県民健康調査」や甲状腺がんについて、委員の意見が対立。新潟大学の中村和利委員は、福島での検…

RETURN TOP

Twitter

Facebookページ