1. 【原発事故と甲状腺ガン】「予後が良いから問題ない、では片付けられない」「患者をないがしろにするな」~罹患した若者たちが語る11年目のリアル 2022/03/24 民の声新聞 福島第一原発事故後に小児甲状腺ガンと診断された子ども…

  2. 【原発避難者から住まいを奪うな】「福島県がしゃしゃり出て提訴」「訴えは門前払いされるべき」避難者側が改めて主張 内堀知事の証人尋問も申請~第6回口頭弁論 2022/03/26 民の声新聞 福島県が2020年3月、区域外避難者4…

  3. 原発事故から11年 区域外避難者11人が福島県を提訴 鈴木博喜|2022年3月22日 週刊金曜日  我慢の限界だった。  東京電力福島第一原発事故で政府の避難指示が出されなかった地域から避難した、いわゆる区域外避難者(自…

  4. 原発は、事故を起こさなくても日常的に放射性物質を放出しています。その結果、世界の原発周辺で病気が増えている事例が報告されています。 ドイツ・連邦放射線防護庁の疫学調査 では原発から5km以内の小児がん発病は5km以遠に比べて 1.61倍、…

  5. チェルノブイリ原発事故で汚染されたウクライナ、ベラルーシ、ロシアの3カ国では、原発事故から5年後に被ばく線量を減らして住民を守るための法律 「チェルノブイリ法」を制定しました。 その詳細が分かるテレビ番組があります。…

  6. 福島原発事故から9年が過ぎ、がんや心臓疾患など 様々な 病気が増えてきています。この記事は賛同(いいね)が5万人を超えた【国連の勧告「年間1ミリシーベルト以上の被ばくは許されない 」を無視する日本政府 原発事故から8年半、福島で増えている…

  7. 日本の周産期死亡の動向 - 2001年から2018年までの解析アップデート ハーゲン・シェアプ、ふくもとまさお  東京電力福島第一原発事故後、2012年秋からドイツの放射線統計解析専門家ハーゲン・シェアプなどと一緒に、…

  8. 福島原発事故から8年半が過ぎ、がんや心臓疾患など 様々な 病気が増えてきています。この記事は、1ヵ月で賛同(いいね)が3万人を超えた【国連の勧告「年間1ミリシーベルト以上の被ばくは許されない 」を無視する日本政府 原発事故から8年半、福島…

  9. 原発は、事故を起こさなくても日常的に放射性物質を放出しています。その結果、世界の原発周辺で病気が増えている事例が報告されています。 ドイツ・連邦放射線防護庁の疫学調査 では原発から5km以内の小児がん発病は5km以遠に比べて 1.61倍、…

  10. この記事は 2019年夏に「放射能から子どもを守る企業と市民のネットワーク」代表の中村隆市が福岡や関東などで講演した内容をまとめた記事のダイジェストです。 福島原発事故のあと、甲状腺がんや心臓病をはじめとする様々な病気が増え…

RETURN TOP

Twitter

Facebookページ