1. 福島原発事故から8年半が過ぎ、がんや心臓疾患など 様々な 病気が増えてきています。この記事は、1ヵ月で賛同(いいね)が3万人を超えた【国連の勧告「年間1ミリシーベルト以上の被ばくは許されない 」を無視する日本政府 原発事故から8年半、福島…

  2. この記事は 2019年夏に「放射能から子どもを守る企業と市民のネットワーク」代表の中村隆市が福岡や関東などで講演した内容をまとめた記事のダイジェストです。 福島原発事故のあと、甲状腺がんや心臓の病気が増えてきています。 …

  3. この記事は 2019年夏に「放射能から子どもを守る企業と市民のネットワーク」代表の中村隆市が福岡や関東などで講演した内容をまとめたものです。 2019年7月13日、明治学院大学にて開催されたナマケモノ倶楽部20周年イベントにて …

  4. 福島県の南相馬市立総合病院から得られた医療データ (出所 Fukushima 311 Watchdogs)より転載 2019年8月24日 日付:2018年10月13日著者:dunrenard0コメントショーン・ア…

  5. 再放送してほしいNHK番組 『低線量被ばく 揺らぐ国際基準』 ( 2013/09/14 風の便り ) 福島原発から排出される汚染水には多量の放射性トリチウムが含まれていますが、2011年12月にNHKが放送した『追跡!真相…

  6. 福島県の甲状腺検査 がん・疑い 17人が報告漏れの可能性 2019年7月24日 17時44分 NHK 原発事故のあと、福島県が子どもを対象に行っている甲状腺検査で、がんやその疑いがあるという報告に含まれていない可能性がある患者…

  7. 水俣病の悲劇を繰り返さないために -水俣病の経験から学ぶもの- 第6章 水俣病事件の総括的教訓  我々は水俣病事件の歴史的経過を前にして、大きな誤りを繰り返しおかしてきたことを率直に認めねばならない。それは、行政のあり方、企業…

  8. 甲状腺検査で1人がん診断 丸森町が3回目の結果公表(2019年5月23日 河北新報)  宮城県丸森町は22日までに、東京電力福島第1原発事故当時18歳以下だった町民らを対象とした3回目の甲状腺検査の結果を公表した。1人が甲状腺がんと…

  9. 「全国がん登録」最新データ公表 福島県で胃がんは3年連続で「有意に多発」していた (2018年10月5日 Level7 NEWS 明石昇二郎)より抜粋 胃がんは3年連続で「有意に多発」 最新の2014年「全国がん罹患モニタリング集計」デー…

  10.   国連人権理事会の特別報告者が、福島の原発事故による放射能汚染地への帰還基準について、「年間20ミリシーベルトではなく1ミリシーベルト以下」にするよう日本政府に要請した。   ◆子ども帰還見合わせ要請 国連報告者「年間1ミリシーベルト…

RETURN TOP

Twitter

Facebookページ