1. 水俣病の悲劇を繰り返さないために -水俣病の経験から学ぶもの- 第6章 水俣病事件の総括的教訓  我々は水俣病事件の歴史的経過を前にして、大きな誤りを繰り返しおかしてきたことを率直に認めねばならない。それは、行政のあり方、企業…

  2. 「全国がん登録」最新データ公表 福島県で胃がんは3年連続で「有意に多発」していた (2018年10月5日 Level7 NEWS 明石昇二郎)より抜粋 胃がんは3年連続で「有意に多発」 最新の2014年「全国がん罹患モニタリング集計」デー…

  3. 国連人権理事会の特別報告者が、福島の原発事故による放射能汚染地への帰還基準について、「年間20ミリシーベルトではなく1ミリシーベルト以下」にするよう日本政府に要請した。 - ◆子ども帰還見合わせ要請 国連報告者「年間1ミリシーベルト以下に」…

  4. ◆子供や女性は帰還しないで 国連の声明に政府は懸念 (2018/10/26 10:30 テレ朝NEWS) 福島の原発事故を巡って国連人権理事会は、放射線量が高い地域への子どもや女性の帰還をやめるよう日本に求める声明を発表しました。 …

  5. 福島 NEWS WEB ◆県民健康調査 支援の対象広げる (2018年9月5日 NHK) 原発事故を受けて福島県で行われている県民健康調査を検討する専門家の委員会が開かれ、昨年度の心の健康状態や生活習慣に関する調査で不安を訴えた人…

  6. 2018年7月下旬、福島県から21名( 子ども14名と大人7名)が福岡県に「転地保養」にやってきました。前半の2日は糸島市に滞在し、 3日目から4日間、 放射能から子どもを守る企業と市民のネットワークが運営する北九州の「あしたの森と海のが…

  7. ◆再稼働認めぬ判決、裁判長の信念「書かせたのは愛国心」 (2018年8月4日 朝日新聞)より抜粋 聞き手・山口栄二、磯村健太郎  福島第1原発の事故後では初めて、運転差し止めとなった関西電力大飯原発3、4号機をめぐる2014年の福井…

  8. 放射能から子どもを守る企業と市民のネットワークと「はっぴーあいらんど☆ネットワーク」とが企画した「モニタリング保養(福岡県)」は、海辺の施設「あしたの森と海のがっこう」での初の試みということで、定員10名としていましたが、広報を始めるとすぐ…

  9. ◆福島で甲状腺がん集計漏れ11人 検査の信頼性揺らぐ (2018年7月8日 東京新聞朝刊)  東京電力福島第一原発事故の後、福島県が県内全ての子ども約38万人を対象に実施している甲状腺検査で、集計から漏れていた甲状腺がん患者が11人…

  10. ◆3巡目、がん確定9人に 子どもの甲状腺検査 県民健康調査検討委 (2018年6月19日 福島民報)より転載  東日本大震災と東京電力福島第一原発事故に伴う県民健康調査の検討委員会は18日、福島市の福島グリーンパレスで開かれた。20…

RETURN TOP

Twitter

Facebookページ