甲状腺がん悪性・悪性疑い152人〜福島県民健康調査

この記事は3分で読めます

FNN(2015.11.30)1巡目との合計 「甲状腺がん」と確定したのは115人「がんのうたがいがある」と診断されたのは39人

アワープラネットTVより転載)

甲状腺がん悪性・悪性疑い152人〜福島県民健康調査

2015年11月30日 ourplanet )
東京電力福島第一原発事故後、福島県が実施している「県民健康調査」の検討委員会が30日、開催され、当時18歳以下だった子どもを対象に行っている甲状 腺検査の結果などが公表された。検査を実施している福島県立医大によると、2011年から今年9月30日までの間に、152人の子どもが甲状腺がんの悪性 または悪性疑いと診断された
今回の検討委員会では、2011年から2013年までの先行検査(1巡目)については口頭のみでのデータ公表となった。福島県立医大の大津留晶教授の説明 によると、先行検査で、甲状腺がんの悪性または悪性疑いと診断された子どもは、良性結節と確定診断を受けた1人を覗き、1人増の115人となった。また手術を終えて甲状腺がんと確定した子どもは2人増え100人となった。
また本格調査(2巡目)で、悪性または悪性疑いと診断された子どもは、新たに9人増えて39人となり、そのうち15人が手術を終えて、甲状腺がんと確定した。穿刺細胞診で悪性と診断された39人のうち、先行検査でA判定だった子どもは37人で、前回A1と診断された19人にはまったく所見はなかったという。子どもたちの年齢は、事故当時6才から18才で、摘出された甲状腺がんは最大30.1ミリだった。
<岡山大学津田敏秀教授の分析>
本格検査は現在なお進行中であり、本格検査において示された発生率比は、その受診者のうちがん細胞があると判断された症例(以下、がん症例)以外の受診者 は全員、がんがないという仮定の下に計算されている。これまで結果の判明が進むにつれてがん症例が増える割合が増加する傾向が見られ続けてきたので、現在 示されている発生率比は、地域により大きく過小評価されていると思われる。



検討委員会での記者会見にて、基本調査の①-8ページの福島県住民の外部被ばく線量分布と、甲状腺検査(本格検査)の②-6ページの甲状腺がん症例の外部 被ばく線量分布が大きく異なり、甲状腺症例の外部被ばく線量が高い方に分布しているという指摘があった。このオッズ比に関して、性別を調整して表2として 示した。この調整オッズ比とその95%信頼区間の推定結果は、EpiInfo 7TMのStatCalcの最尤推定値(Mid-P)を用いた。95%信頼区間の下の値が1より大きいと、いわゆる「統計的有意差がある」ということになる。

 

その結果、明瞭な量反応関係が観察された。つまり、外部被ばく線量に関連する何らかの要因(恐らく内部被ばく)が甲状腺がんの発症に関与していることが、 より明瞭に推察できることになった。1mSv未満もまた、被ばくしていると考えられるので、示されたオッズ比は過小評価されている。先行検査では、平成 23年度、24年度、25年度の別に、甲状腺がん症例の線量分布が発表されておらず、平均有病期間が平成26年度としてほぼそろっている本格検査とは異なり、明瞭ではなかった。基本調査の住民の性・年齢・市町村別線量分布、先行検査および本格検査における甲状腺がん症例の性・年齢・市町村別線量分布の発表が待たれるところである。
************ アワープラネットTVより転載はここまで ***********

 

(こちらも重要なニュースを書き起こしてくれる「みんな楽しくHAPPYがいい」から抜粋して転載します。

FNNニュースは、福島だけで放送されたようです。

 

2巡目の甲状腺検査 新たに9人が「甲状腺がん」と診断
(福島15/11/30)FNNLocal

新たに9人が、「甲状腺がん」と診断された。甲状腺検査は、福島第1原発事故当時に18歳以下だった子どもなど、およそ38万人を­対象にしていて、2014年4月からは、2巡目の検査が行われている。

FNN2.png
専門家による30日の検討委員会では、9月末までに検査が確定した、およそ18万2,­500人の結果が公表され、新たに9人が「甲状腺がん」、5人が「がんの疑いがある」­と報告された。

FNN(2015.11.30)1巡目との合計 「甲状腺がん」と確定したのは115人「がんのうたがいがある」と診断されたのは39人

1巡目とあわせると、「甲状腺がん」と確定したのは115人、「がんの疑いがある」と­診断されたのは39人となった。
検討委員会の星 北斗座長は、「放射線の影響は考えにくい」としている。

FNN4.png
星座長は「チェルノブイリに比べて極めて低いという話と、ま、当時の、非常に、いー、感受性の強い子供達、小さな子供達からの発生が今のところ見られないという二点において、ええそうは考えにくいというふうに判断しています。

 

*** 「みんな楽しくHAPPYがいい」からの転載はここまで ***

 

星座長の「放射線の影響は考えにくい」という発言は、いつまで続くのでしょうか。

そして、検討委員会は、いつまでその発言を許すのでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. d0322097_14212418
  2. 東京新聞:甘い年間被ばく基準 遅い情報公開 健康である権利 侵害
  3. 2015.5.9 飯塚講演会「スロービジネスと脱げんぱつ」.(縦長)
  4. 津田敏秀教授「スクリーニング効果で説明できるのは10万人に1人か2人」
  5. セヴァン岡山講演会2016 聴衆の前に笑顔で立つセヴァン
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Twitter

Facebookページ