ノーベル平和賞を受章した国際医師団から日本への提言

この記事は3分で読めます

IPPNWの報告書(福島原発事故から5年)

1985年にノーベル平和賞を受章した「核戦争防止国際医師会議(IPPNW)」と「社会的責任を果たすための医師団(PSR)」が日本に対し、とても重要な提言を行なっています。

 

【深刻な放射能汚染】国際的な科学者集団:IPPNWから日本への提言

(2016年3月 お役立ち情報の杜)から抜粋

 

日本に対する提言:

議論して政策決定をする際には、原発被災者や、彼らが健康に生きる権利を最優先に考えるべきだ。そのためには、被災者の目線を持つ有力組織が意思決定過程に参加することが必須である。

 

原発事故の作業者は被ばくの危険があるので、全員が、信頼できる線量計を携帯しなければならない。また、原発利権者とは無関係な医者による定期検診は必須である。これらの原則は、下請け会社・臨時雇い・ボランティアに対しても徹底すべきだ。東京電力のような原発運営組織は、調査や測定の場から排除しなければならない。

 

チェルノブイリ原発事故後に旧ソ連政府が立ち上げたのと似た登録制度を日本政府も作るべきだ。福島原発事故で被ばくしたすべての人を管理するのが目的だ。登録すべきは、汚染地からの避難者、いまだに汚染地に住んでいる人々、事故原発での作業員、および、除染作業に携わっている人たちだ。

 

汚染されている元の住所に帰還するか、別の安全な場所へ移るかは、被災住民自身に決定権を持たせるべきだ。引っ越すことを決めた住民に対して経済的な援助を与えるのは当然だ。

 

被災住民を汚染地へ強制帰還させるなど、とんでもないことだ。経済的援助を打ち切って、帰らざるを得なくするのはやめよ

 

原発事故による影響に関して、疫学的な調査を実施せよ。また、定期健康診断や治療は、被ばくした人全員に対して無料で行うべきだ。日本国民の健康リスク評価は、原発利権と無関係な医師が行わねばならない

 

放射性物質の多くは太平洋に降り注いだ。したがって、日本やアメリカなどの国際海洋研究機構が協力して、海洋生物への影響を組織的に調査すべきだ。

 

日本で新しくできた特定秘密保護法によって、原発事故の影響調査・報告が邪魔されることがあってはならない

 

福島原発事故後に日本ではすべての原発が停止したが、電力供給に問題はなかった。現在、大多数の国民の意思を無視して、原発利権団体は再稼働を進めている。日本は50基あるすべての原発を永久に停止し、その代わり、持続可能な再生可能エネルギーに注力すべきだ。太陽光・風力・水力・地熱という無尽蔵の自然エネルギーが日本には存在し、また、蓄電や節電の技術も持っている。

 

原発利権団体の政治に及ぼす影響はとてつもなく大きい。電力会社・政府・規制機関など組織の腐敗もすざまじい。この構造にメスを入れて浄化しなければ、福島原発事故のような災害を再び繰り返すことになるだろう。

 

ヨーロッパ諸国とアメリカに対する提言:

現在、ヨーロッパとアメリカには約300の原発が存在し、平均して、建設から30~40年経っている。

IPPNWとPSRは、すべての国に対して、原発の閉鎖と廃炉および、持続可能な再生エネルギー採用と節電を呼びかけたい。将来にわたって化石燃料をエネルギー源として使うことに対しては、反対意見が世界中に広がっている。しかし、だからといって、原発が代替とはなり得ない

 

再生可能エネルギーに全面的に切り替えるとともに、節電・蓄電・電力分散化を進めること。政策としての選択肢はこれしかない。我々は、チェルノブイリや福島の事故から学ばねばならない。

http://www.psr.org/resources/fukushima-report-2016.html

http://www.psr.org/assets/pdfs/fukushima-report.pdf

 

参考リンク「IPPNW:福島原発事故」(日本語訳)
http://www.fukushima-disaster.de/information-in-japanese.ht…

 

IPPNWの報告書(福島原発事故から5年)

 

社会的責任を果たすための医師団は、5年前の原発事故から1カ月後にも、非常に重要な警告をしてくれていました。

 

ノーベル平和賞の「社会的責任を果たすための医師団」が警告

(2011年4月16日 風の便り)から抜粋

 

ノーベル平和賞の「社会的責任を果たすための医師団」が警告「子供の許容被ばく線量高すぎる」

社会的責任を果たすための医師団(PSR)」は、福島第一原子力発電所事故が進行している中で、事故による放射能が日本の食品の中に発見されたという最近の報告に、深い憂慮を表明する。確かに、すべての食品には、天然の線源や核実験に由来するものなど、放射性核種が含まれているが、日本のほうれん草と牛乳で検出された、より多くの放射性物質は、人々の健康を危険に晒すものである。PSRは、どのくらいの放射線被曝まで「安全」と考えられるかについて、メディアで誤った情報が流布している点にも注意を呼びかける。

 

米国科学アカデミーによれば、安全な放射能の線量というものはない。過去数十年にわたる研究から、放射線はどんなに少ない線量でも、個々人の発がんリスクを高めることがはっきりと示されている。日本で危機が続く中、人に発がんの危険が生じるのは最低100ミリシーベルト(mSv)被曝したときだという報道が様々なメディアでますます多くなされるようになっている。これまでの研究で確立された知見に照らしてみると、この主張は誤りであることがわかる。

100 mSv の線量を受けたときの発がんリスクは100人に1人、10 mSv では1000人に1人、そして、1 mSV でも1万人に1人である。

 

社会的責任を果たすための医師団(PSR)とは:

PSR は、核拡散の影響を憂慮した医師たちが1961年に創設した団体で、1985年には、核戦争防止国際医師会議とともに、核軍拡競争に対するパブリック・プレッシャーを構築した功績により、ノーベル平和賞を受賞しました。環境健康プログラムを創設して活動を公式に拡大した1991年以来、PSRは地球温暖化や環境の毒物汚染などの問題を扱ってきた。PSRは地球温暖化を制御し、綺麗な空気を保ち、持続可能なエネルギーの未来を創成し、人が毒性物質に晒されることを防止し、大気や食料、飲料水の汚染を最小限に抑える政策を提案し、広めている。より詳しい情報は、http://www.psr.org/を参照。

 

http://www.windfarm.co.jp/blog/blog_kaze/post-3413

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 南相馬住民の決意 「20ミリシーベルト基準を許さない」
  2. 福島原発事故後に甲状腺ガン 20歳女子の悲痛な日々(フライデー)
  3. 報道ステーション古館 甲状腺「がん」「疑い」167人に
  4. チェルノブイリ法:被災者の生活と健康 世代を超えて国が守る
  5. そもそも総研 ほおっておくと淘汰される 原子力は高いから
  6. 2015年10月8日 日本外国特派員協会で記者会見した津田敏秀教授
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Twitter

Facebookページ