2015年2月11日現在のアドバイザー、運営委員

この記事は1分で読めます

【アドバイザー】(敬称略・五十音順)

宇野さえこ(福島市から京都に子どもと避難

原発事故被害者の救済を求める全国運動実行委員会共同代表

亀山ののこ(写真家・関東から福岡に移住)

今田かおる(福島在住・緩和ケア医、在宅支援診療所医師、

      福島県県民健康調査甲状腺検査認定医
鈴木真理(福島在住・子どもの脱被ばくに取り組む)

種市靖行(震災時福島在住の医師、福島県県民健康調査甲状腺検査認定医、

     まつもと子ども留学理事)

ちばゆみ(福島在住・子どもの脱被ばくに取り組む)

辻信一(横浜在住・明治学院大学教授)
橋本希和(原発事故の翌年、1歳の子どもを連れて福島から福岡に避難)
深津高子(東京在住・幼児教育専門家)
吉岡淳(東京在住・元ユネスコ協会連盟事務局長・カフェスロー代表)

吉本多香美(女優/ハーバルセラピスト・関東から沖縄に移住)

 

【運営委員】(敬称略・五十音順)

岩見知代子

岩見弥生子

黒崎高之

竹之内国幹

中村隆市

服部祐充子

服部優里

原島佳子

久冨達也

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 放射線による生涯の「がん死リスクの評価」の変遷 
  2. 朝日新聞(2015年11月22日)子どもの保養・移住先探し・各地で相談会
  3. ミコラ・トロンコ所長「当時ソ連に高性能のエコー診断装置はなかった」
  4. d0322097_14212418
  5. %e6%b8%85%e6%b0%b4%e4%b8%80%e9%9b%84-%e7%9c%8c%e6%b0%91%e5%81%a5%e5%ba%b7%e8%aa%bf%e6%9f%bb%e6%a4%9c%e8%a8%8e%e5%a7%94%e3%80%80%e8%a9%95%e4%be%a1%e9%83%a8%e4%bc%9a%e9%95%b7
  6. 下野新聞 2016年10月18日付 周産期死亡率が急上昇
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Twitter

Facebookページ