カテゴリー:原発

  1. 国連人権理事会の特別報告者が、福島の原発事故による放射能汚染地への帰還基準について、「年間20ミリシーベルトではなく1ミリシーベルト以下」にするよう日本政府に要請した。 この「20ミリシーベルト基準」が異常だということ…

  2. ◆子供や女性は帰還しないで 国連の声明に政府は懸念 (2018/10/26 10:30 テレ朝NEWS) 福島の原発事故を巡って国連人権理事会は、放射線量が高い地域への子どもや女性の帰還をやめるよう日本に求める声明を発表しました。 …

  3. ◆再稼働認めぬ判決、裁判長の信念「書かせたのは愛国心」 (2018年8月4日 朝日新聞)より抜粋 聞き手・山口栄二、磯村健太郎  福島第1原発の事故後では初めて、運転差し止めとなった関西電力大飯原発3、4号機をめぐる2014年の福井…

  4. ◆福島で甲状腺がん集計漏れ11人 検査の信頼性揺らぐ (2018年7月8日 東京新聞朝刊)  東京電力福島第一原発事故の後、福島県が県内全ての子ども約38万人を対象に実施している甲状腺検査で、集計から漏れていた甲状腺がん患者が11人…

  5. 再処理工場 完成時期3年延期で調整 青森 六ヶ所村 (2017年12月8日 NHK NEWS WEB) 国が進める核燃料サイクル政策の柱となっている青森県にある使用済み核燃料の再処理工場について、日本原燃は、安全…

  6. 2013年9月、東京オリンピックを招致するにあたって安倍首相は、福島原発事故による健康への影響は「今までも、現在も、将来も、問題ないと約束する」とIOC総会で発言しました。そう発言した時点で既に、福島県の18人の子どもが甲状腺がんになり、疑…

  7. (画像:原発事故 国家はどう補償したのか ~チェルノブイリ法23年の軌跡~ NHK ETVより) 31年前の今日(1986年4月26日)チェルノブイリ原発4号炉がメルトダウンを起こしました。 原発事故から5年後、ウクライナ、ベラ…

  8. 原発は事故を起こさなくても様々な問題をひき起こしています。 事故が起こらなくても原発をやめなければならない理由は、たくさんあります。ドイツの再生可能エネルギーの町として有名なシェーナウの人たちは、原発に反対する100 の理由を…

  9. 山本善彦裁判長「災害のたびに『想定を超える災害だった』と繰り返されてきた過ちに真摯(しんし)に向き合うならば、致命的な事故を避けるための対策を講じることが必要だが、関西電力が説明した程度では、原発の新規制基準がこのような対策として十分とは言…

  10. 平成26年(ワ)第174号 福島原発おかやま損害賠償請求事件 原告 原告番号1 外95名 被告 国 外1名 意 見 陳 述 書 平成27年2月3日 岡山地方裁判所第1民事部合議係 御中 原告番号1   大  塚     …

RETURN TOP

Twitter

Facebookページ