カテゴリー:原発

  1. 1992年の地球サミットで12歳で世界を驚かせた「伝説のスピーチ」で知られるセヴァン・スズキさんが5月に来日して、放射能から子どもを守る企業と市民のネットワーク代表の中村隆市と講演ツアーを行ないます。 5月8日(日) …

  2. 1985年にノーベル平和賞を受章した「核戦争防止国際医師会議(IPPNW)」と「社会的責任を果たすための医師団(PSR)」が日本に対し、とても重要な提言を行なっています。 【深刻な放射能汚染】国際的な科学者集団:IPPNW…

  3. ◆「原発のコストが一番安い、うそだった」小泉元首相  (2014年10月22日 朝日新聞)から抜粋 ほかの国に比べて日本は地震、津波、火山の噴火が多い。原発をやってはいけない国だと確信した。政府は『日本の原発は世界一、安全基準が…

  4. ◆20ミリシーベルト基準を許さない  避難指定解除  南相馬住民の決意 (2015年7月7日 東京新聞)  東京電力福島第一原発の事故で放射線量が局所的に高いホットスポットとなった特定避難勧奨地点の指定を…

  5. 厚労省は昨日、1976年に定めた「白血病に関する原発労働者の労災認定基準」である「年5ミリシーベルト以上で、被ばくから発症まで1年超経過していること」に適合している福島第一原発の事故処理作業員が白血病になったことを労災と認定しました…

  6. 1990年代に、チェルノブイリ医療支援で何度もベラルーシに薬や医療機器を届けに行きました。甲状腺がんで全摘手術をした子どもたちは、一生、ホルモン剤を飲まなければなりませんが、そのホルモン剤さえ不足しているということで、度々ホルモン剤やビタミ…

RETURN TOP

Twitter

Facebookページ