カテゴリー:原発

  1. 原発は事故を起こさなくても様々な問題をひき起こしています。 事故が起こらなくても原発をやめなければならない理由は、たくさんあります。ドイツの再生可能エネルギーの町として有名なシェーナウの人たちは、原発に反対する100 の理由を…

  2. 山本善彦裁判長「災害のたびに『想定を超える災害だった』と繰り返されてきた過ちに真摯(しんし)に向き合うならば、致命的な事故を避けるための対策を講じることが必要だが、関西電力が説明した程度では、原発の新規制基準がこのような対策として十分とは言…

  3. 平成26年(ワ)第174号 福島原発おかやま損害賠償請求事件 原告 原告番号1 外95名 被告 国 外1名 意 見 陳 述 書 平成27年2月3日 岡山地方裁判所第1民事部合議係 御中 原告番号1   大  塚     …

  4. 福島県の子どもの甲状腺がんが15人増えて131人となり、がんの疑い41人を加えると172人になりました。さらに今回、初めて事故当時5歳以下の子どもに甲状腺がんが見つかりました。 ◆皆さん、「6月6日 報道ステーション」の動…

  5. ◆甲状腺がんは、子どもにも大人にも増えている(記事から抜粋) 福島原発事故後に甲状腺ガン 20歳女子の悲痛な日々  2度の手術も、リンパや肺に転移。弟2人も甲状腺にのう胞が… (2015年9月25日号 FRIDAY)から抜粋 取材・文/…

  6. 1992年の地球サミットで12歳で世界を驚かせた「伝説のスピーチ」で知られるセヴァン・スズキさんが5月に来日して、放射能から子どもを守る企業と市民のネットワーク代表の中村隆市と講演ツアーを行ないます。 5月8日(日) …

  7. 1985年にノーベル平和賞を受章した「核戦争防止国際医師会議(IPPNW)」と「社会的責任を果たすための医師団(PSR)」が日本に対し、とても重要な提言を行なっています。 【深刻な放射能汚染】国際的な科学者集団:IPPNW…

  8. ◆「原発のコストが一番安い、うそだった」小泉元首相  (2014年10月22日 朝日新聞)から抜粋 ほかの国に比べて日本は地震、津波、火山の噴火が多い。原発をやってはいけない国だと確信した。政府は『日本の原発は世界一、安全基準が…

  9. ◆20ミリシーベルト基準を許さない  避難指定解除  南相馬住民の決意 (2015年7月7日 東京新聞)  東京電力福島第一原発の事故で放射線量が局所的に高いホットスポットとなった特定避難勧奨地点の指定を…

  10. クローズアップ現代+ No.3254 2012年10月1日(月)放送 10万年の安全は守れるか ~行き場なき高レベル放射性廃棄物~ 原発が生むゴミ 高レベル放射性廃棄物 先月(9月)、日本学術会議が原子力委員会に出した報告書。 高レ…

RETURN TOP

Twitter

Facebookページ