保存資料(甲状腺がん)手術の適応症例について

この記事は3分で読めます

鈴木眞一教授「摘出した甲状腺がんの約75%にリンパ節への転移があり、過剰診断ではない」

2015 年 8 月 31 日

手術の適応症例について

福島県立医科大学附属病院

甲状腺内分泌外科部長

鈴木眞一

 

2015 年 3 月 31 日現在までに、甲状腺検査対象者で、二次検査の結果「悪性ないし悪性疑い」の判定 となり、外科手術を施行した 104 例中 97 名が福島医大甲状腺内分泌外科で、7 例は他施設で実施された。 また、97 例中1例は術後良性結節と判明したため甲状腺癌 96 例につき検討した。病理結果は 93 例が乳 頭癌、3 例が低分化癌であった。

 

術前診断では、腫瘍径 10 ㎜超は 63 例(66%)、10 ㎜以下は 33 例(34%)であった。また、10 ㎜以 下 33 例のうちリンパ節転移、軽度甲状腺外浸潤、遠隔転移が疑われるものは 8 例(8%)、疑われないも の(cT1acN0cM0)は 25 例(25%)であった。この 25 例のうち 22 例は気管や反回神経に近接もしく は軽度の甲状腺被膜外への進展が疑われ、残りの 3 例は非手術経過観察も勧めたが本人の希望で手術と なった。

 

なお、リンパ節転移は全症例中 23 例(24%)が陽性であり、遠隔転移は 2 例(2%)に多発性肺転移 を疑った。

 

術式は、甲状腺全摘 6 例(6%)、片葉切除 90 例(94%)、リンパ節郭清は全例に実施し、中央領域の み実施が 80%、外側領域まで実施が 20%であった。出来る限り 3cm の小切開創にて行った。

術後病理診断では、軽度甲状腺外浸潤のあった 14 例を除いた腫瘍径 10 ㎜以下は 28 例(29%)であ った。リンパ節転移、甲状腺外浸潤、遠隔転移のないもの(pT1a pN0 M0)は 8 例(8%)であった。

 

全症例 96 例のうち軽度甲状腺外浸潤 pEX1 は 38 例(39%)に認め、リンパ節転移は 72 例(74%) が陽性であった。術後合併症(術後出血、永続的反回神経麻痺、副甲状腺機能低下症、片葉切除後の 甲状腺機能低下)は認めていない。

 

小児甲状腺がんの症例数は少なく、厳密な比較はまだできないが、一般的に若年層の甲状腺がんほど、 リンパ節転移が多いが適切な治療が施されれば予後が良いという特徴がある。小児甲状腺がんの場合、 術前診断で大きなリンパ節転移や著明な甲状腺外浸潤 EX2、遠隔転移などを認めている場合はハイリス ク群とされ予後不良なことが多く、がんが甲状腺の片側に限局していても全摘が勧められる。しかし、 リンパ節転移や軽度甲状腺外浸潤などが、術前には明らかではなく、術後(切除後)の病理診断で初め て認められた場合は、これらの所見は、生命予後とは関連しないと言われている。従ってこれらの所見 があるからといって全てが予後不良であるわけではないが、切除しなかった場合でも予後が良いかは不 明であり、切除しなくてもよいという根拠にはならない。このあたりの議論は注意を要するもので経過 をさらに見守っていきたいと考えている。

 

甲状腺は全摘すればその後はホルモン剤の服用を続ける必要があるが、片側が残っていれば残りの臓 器がこれまでの機能を補うため、ホルモン剤を飲む必要も無く手術前と変わらない生活を送ることが出 来る。よって当院では、明らかなハイリスク症例以外は片葉切除を選択し、患者様の QOL 維持に努めて いる。

 

 

鈴木眞一教授「摘出した甲状腺がんの約75%にリンパ節への転移があり、過剰診断ではない」

 

 

◆福島県の県民健康調査「甲状腺検査評価部会」(平成26年11月11日)資料

2014年11月11日

資料3

手術の適応症例について

 

震災後 3 年を経過し、2014 年 6 月 30 日現在までの二次検査者 1,848 名か らの細胞診実施者 485 名中、悪性ないし悪性疑いは 104 例であり、うち 58 例 がすでに外科手術を施行されている。

 

58例中55例が福島医大甲状腺内分泌外科で実施され、3例は他施設であった。 また、55 例中1例は術後良性結節と判明したため甲状腺癌 54 例につき検討し た。

 

病理結果は 52 例が乳頭癌、2例が低分化癌であった。

 

術前診断では、腫瘍径 10 ㎜超は 42 例(78%)、10 ㎜以下は 12 例(22%) であった。また、10 ㎜以下 12 例のうちリンパ節転移、遠隔転移が疑われるも のは 3 例(5%)、疑われないもの(cT1acN0cM0)は 9 例(17%)であった。

 

この9例のうち7例は気管や反回神経に近接もしくは甲状腺被膜外への進展 が疑われ、残りの2例は非手術経過観察も勧めたが本人の希望で手術となった。

 

なお、リンパ節転移は 17 例(31%)が陽性であり、遠隔転移は 2 例(4%) に多発性肺転移を疑った。

 

術式は、甲状腺全摘 5 例(9%)、片葉切除 49 例(91%)、リンパ節郭清は全 例に実施し、中央領域のみ実施が 67%、外側領域まで実施が 33%であった。出 来る限り 3cm の小切開創にて行った。

 

術後病理診断では、腫瘍径 10 ㎜以下は 15 例(28%)かつリンパ節転移、遠 隔転移のないもの(pT1a pN0 M0)は 3 例(6%)であった。甲状腺外浸潤 pEX1 は 37%に認め、リンパ節転移は 74%が陽性であった。

 

術後合併症(術後出血、 永続的反回神経麻痺、副甲状腺機能低下症、片葉切除後の甲状腺機能低下)は 認めていない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. NHK:福島県立医科大学 4歳児の経過観察・手術行う→把握しながら報告せず
  2. 東北地方の「甲状腺がんの手術数」 2010-2013 年次推移
  3. 報道ステーション古館 甲状腺「がん」「疑い」167人に
  4. 福島県の慢性リウマチ性心疾患 年次推移
  5. 報道ステーション古館 甲状腺「がん」「疑い」167人に
  6. 甲状腺がん184人以外にも 経過観察no
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Twitter

Facebookページ