5月9日、17日 (福岡県)放射能から子どもを守るための講演会

この記事は2分で読めます

2015.5.9 飯塚講演会「スロービジネスと脱げんぱつ」.(縦長)

5月9日、ほうきネット代表の中村隆市が福岡県飯塚市で講演します。中村が1990年代にチェルノブイリ医療支援で取り組んできたベラルーシで の「転地保養」や「移動健診車導入による早期診断治療システム」支援の経験と今、福島を中心に周辺の汚染地でも急増している病気や子どもの甲状腺がんの 「転移が多い」問題について、政府や福島県が発表しているデータでも明らかになっている話をします。そこから見えてくる「移動健診による早期発見」や「転 地保養」「子ども留学」などの重要性についての話と、それを広めていくために「放射能から子どもを守る企業と市民の連携」が重要という話をします。5月 17日(日)は福岡市で講演します。(概要は最後に記載)

 

◆スロービジネスと脱げんぱつのお話
5月9日 土曜日 13:30~15:30
会場:イイヅカコミュニティセンター
http://www.city.iizuka.lg.jp/shisetsu/shisetsu/053.html
3 階301・302
参加費:無料
託児:無料 5月7日までに要予約
主催:原発知っちょる会
アドレス:shicchorukai@gmail.com
0948-72-0007(永田)
0948-22-1794(山口)

 

2015.5.9 飯塚講演会「スロービジネスと脱げんぱつ」.(縦長)

 

◆ナチュ村講演会のご案内
「放射能問題と企業の社会的責任(CSR)について」
とき:5月17日(日)3時から5時まで
ところ:福岡銀行千早支店3F会議室
http://zengin.ajtw.net/dbs6.php?abg=0177&abs=301
福岡市東区水谷2-51-10(JR千早駅西口徒歩1分)
参加費:500円 申し込み
090-8627-3076

㈱スロー風土の株主でもあり、これまでフェアトレードやチェルノブイリ支援、フクシマ原発事故以来、こどもたちや市民を守る運動を続けてきた中村隆市さんに企業の社会的責任と放射能問題について一緒に考えて行きたいと企画しました。

ぜひ、ご参加ください!
定員50名で、あと少し席が空いています。

 

「放射能から子どもを守る企業と市民のネットワーク」(略称ほうきネット)設立趣意書
http://hokinet.jp/7.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 福島県の死因別・死亡率と全国平均の比較
  2. セヴァン515講演会 トークセッションで話す原田昌樹さん
  3. 甲状腺がん184人以外にも 経過観察no
  4. 下野新聞 2016年10月18日付 周産期死亡率が急上昇
  5. 東京新聞:甘い年間被ばく基準 遅い情報公開 健康である権利 侵害
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Twitter

Facebookページ