カテゴリー:原発事故後に増えた病気

  1. 福島原発事故から8年半が過ぎ、がんや心臓疾患など 様々な 病気が増えてきています。この記事は、1ヵ月で賛同(いいね)が3万人を超えた【国連の勧告「年間1ミリシーベルト以上の被ばくは許されない 」を無視する日本政府 原発事故から8年半、福島…

  2. この記事は 2019年夏に「放射能から子どもを守る企業と市民のネットワーク」代表の中村隆市が福岡や関東などで講演した内容をまとめた記事のダイジェストです。 福島原発事故のあと、甲状腺がんや心臓の病気が増えてきています。 …

  3. この記事は 2019年夏に「放射能から子どもを守る企業と市民のネットワーク」代表の中村隆市が福岡や関東などで講演した内容をまとめたものです。 2019年7月13日、明治学院大学にて開催されたナマケモノ倶楽部20周年イベントにて …

  4. 福島県の南相馬市立総合病院から得られた医療データ (出所 Fukushima 311 Watchdogs)より転載 2019年8月24日 日付:2018年10月13日著者:dunrenard0コメントショーン・ア…

  5.   国連人権理事会の特別報告者が、福島の原発事故による放射能汚染地への帰還基準について、「年間20ミリシーベルトではなく1ミリシーベルト以下」にするよう日本政府に要請した。   ◆子ども帰還見合わせ要請 国連報告者「年間1ミリシーベルト…

  6. ◆子供や女性は帰還しないで 国連の声明に政府は懸念 (2018/10/26 10:30 テレ朝NEWS) 福島の原発事故を巡って国連人権理事会は、放射線量が高い地域への子どもや女性の帰還をやめるよう日本に求める声明を発表しました。 …

  7. ◆福島県民の健康指標『悪化』 心疾患・6位、脳血管疾患・7位 (2018年06月02日 福島民友)から抜粋  2017年の本県の死亡率(人口10万人当たりの死亡数)の死因別で、心疾患が全国ワースト6位(前年7位)、脳血管疾患が7位(…

  8. 震災時18 歳以下の福島県の小児甲状腺がん+がん疑い エリア別発症率(人口10万人あたり) 原発事故による放射能汚染数値が最も高い避難区域の甲状腺がん発症率が最も高く、汚染数値が最も低い会津地方の甲状腺がん発症率が最も低い。 避難…

  9. ◆甲状腺がん 福島県外の子どもらに重症化傾向 (毎日新聞2018年3月1日)  NPO法人「3・11甲状腺がん子ども基金」(事務局・東京)は1日、東京電力福島第1原発事故後、甲状腺がんと診断され療養費を給付した114人(福島県内84…

  10. 新潟県は2月5日、東京電力柏崎刈羽原発の再稼動を巡り、福島第一原発事故による健康影響を検証する「健康分科会」の第2回会合を開いた。福島県が行っている「県民健康調査」や甲状腺がんについて、委員の意見が対立。新潟大学の中村和利委員は、福島での検…

RETURN TOP

Twitter

Facebookページ