1. ◆原発避難者住宅 復興は支援継続にあり (2017年1月28日 東京新聞【社説】) 福島原発事故の自主避難者向けに福島県が無償で行っている住宅支援の廃止が迫る。国策が招いた災害の被害者を強制退去などで住まいから追い出してはならない。被災…

  2. (下野新聞 2016年10月18日付) 周産期死亡(妊娠22週から生後1週までの死亡)率が、放射線被曝が強い福島とその近隣5県(岩手・宮城・茨城・栃木・群馬)で2011年3月の事故から10か月後より、急に15.6%(3年間で165人)も増…

  3. 「ウラン節約」ウソだった 再処理「原発維持のため」  (2012年9月5日  東京新聞) 原子力委員会が原発推進側を集め昨年十一月に…

  4. ◆“国民負担”8兆円超を検討 原発の廃炉・賠償で (2016/09/16 11:45 テレ朝news) 政府は、原発の廃炉費用などのために新たに8兆円余りという莫大(ばくだい)な費用を利用者に負担…

  5. ◆福島第一3号機 使用済み燃料取り出し 来年度開始は困難 (2016年11月21日 17時28分 NHK) 東京電力福島第一原子力発電所3号機に残された使用済み燃料の取り出しについて、国の担当者は21日、目標とし…

  6. 原発は事故を起こさなくても様々な問題をひき起こしています。 事故が起こらなくても原発をやめなければならない理由は、たくさんあります。ドイツの再生可能エネルギーの町として有名なシェーナウの人たちは、原発に反対する100 の理由を…

  7. ◆「放射線の影響は考えにくい」に疑問 福島の甲状腺検査 評価部会長が辞表 (2016年10月21日配信 北海道新聞) 辞表を提出した清水一雄部会長 「部会長の立場では…

  8. 5月11日 岡山 18:00~20:30 岡山国際交流センター 岡山)セヴァン・スズキさん講演会、5月11日に岡山で (2016年4月29日03時00分 朝日新聞) セヴァン・ス…

  9. 山本善彦裁判長「災害のたびに『想定を超える災害だった』と繰り返されてきた過ちに真摯(しんし)に向き合うならば、致命的な事故を避けるための対策を講じることが必要だが、関西電力が説明した程度では、原発の新規制基準がこのような対策として十分とは言…

  10. セヴァン・スズキの Be the Change! ツアー2016 ~ミライノセンタク~の報告 1992年、地球環境を守るために国連が主催した地球サミットで、12歳の少女が世界を驚かせるスピーチをしました。その「伝説のスピーチ」を行った…

RETURN TOP

Twitter

Facebookページ