カテゴリー:その他

  1. 水俣病の悲劇を繰り返さないために -水俣病の経験から学ぶもの- 第6章 水俣病事件の総括的教訓  我々は水俣病事件の歴史的経過を前にして、大きな誤りを繰り返しおかしてきたことを率直に認めねばならない。それは、行政のあり方、企業…

  2. 「全国がん登録」最新データ公表 福島県で胃がんは3年連続で「有意に多発」していた (2018年10月5日 Level7 NEWS 明石昇二郎)より抜粋 胃がんは3年連続で「有意に多発」 最新の2014年「全国がん罹患モニタリング集計」デー…

  3. 福島 NEWS WEB ◆県民健康調査 支援の対象広げる (2018年9月5日 NHK) 原発事故を受けて福島県で行われている県民健康調査を検討する専門家の委員会が開かれ、昨年度の心の健康状態や生活習慣に関する調査で不安を訴えた人…

  4. 2018年7月下旬、福島県から21名( 子ども14名と大人7名)が福岡県に「転地保養」にやってきました。前半の2日は糸島市に滞在し、 3日目から4日間、 放射能から子どもを守る企業と市民のネットワークが運営する北九州の「あしたの森と海のが…

  5. ◆甲状腺がんの再発1割、福島 原発事故当時6~15歳 (2018年3月1日 西日本新聞)  東京電力福島第1原発事故の後、甲状腺がんと診断され手術を受けた福島県内の患者84人のうち約1割の8人ががんを再発し再手術を受けたことが、患者…

  6. 福島原発事故当時4歳の男児、甲状腺がんと診断 (2017年3月31日 朝日新聞)  東京電力福島第一原発事故当時18歳以下だった約38万人を対象にした福島県の甲状腺検査で、経過観察となった事故当時4歳…

  7. ◆3・11甲状腺がんの戦慄シナリオ  全国で増える「甲状腺の悪性腫瘍」患者 集中連載 フクシマ・カタストロフ① 作家・ジャーナリスト青沼陽一郎 (2017.2.26 サンデー毎日)より抜粋  2011年3月11日に発生した福島第1原発…

  8. デヴィッド・スズキ博士のトークイベントで配布された資料 February 17, 2016 2016年2月14日、東京で開催されたデヴィッド・ス…

  9. ◆原発避難者住宅 復興は支援継続にあり (2017年1月28日 東京新聞【社説】) 福島原発事故の自主避難者向けに福島県が無償で行っている住宅支援の廃止が迫る。国策が招いた災害の被害者を強制退去などで住まいから追い出してはならない。被災…

  10. (下野新聞 2016年10月18日付) 周産期死亡(妊娠22週から生後1週までの死亡)率が、放射線被曝が強い福島とその近隣5県(岩手・宮城・茨城・栃木・群馬)で2011年3月の事故から10か月後より、急に15.6%(3年間で165人)も増…

RETURN TOP

Twitter

Facebookページ